2020モデルのコリドーレさん

報告が遅れてしまいましたが、いつもお世話になってるコリドーレさんの展示会です。



コリドーレさんと言うとBH、SARTO、PASSONIと言う名車ブランドを取り扱い、当店でも人気のWISHBONE、そしてまだ知らない方も多いかもしれないKRU、ハンドルとホイールメーカーさんです。



そしてもう少ししたら当店にも、入荷予定のONEAERと言う今年発足した新しいブランドのホイールブランドです。



このONEAERと言うブランドの技術具合は最高の仕上げとなっているホイールで、既に世界的に注文が殺到しています。

面白いのがハブはDT SWISを仕様しています。

ちなみにわかりやすく言いますと2020モデルのサーベロは多くの完成車モデルがONEAER装着してます。


もちろんディスクブレーキ用にリムブレーキ用と色々なリムハイトな物と準備されております。価格帯も抑えられており、DT SWISのハブを使用しての、この20万円程の価格帯は魅力的だと思います。

こちらも予約受付中ですので、ご相談ください。



2020モデルのBHは遂に海外では早くから発表されていたG8です。



G7PROに乗っている自分としては気になるとこで、そこはやはり写真で見ていたものと現物は輝きが違うわけで、外側も中身もG7が素直にパワーアップした、これはカッコ良いと思えるバイクに仕上がっていました。ちなみにケーブル関係は全てフレームやハンドルの中を通る流行のスタイルとなりました。

又、日本にだけリムブレーキ仕様のG8 PROが入荷します。

理由としては、日本にはリムブレーキを好むユーザーさんが沢山いること、そしてリムブレーキ仕様のバイクに乗ってる方がフレームの載せ換え時に悩ませたくない事などです。

これはコリドーレの社長さんがBHに交渉しての特別バージョンです。



そしてULTRALIGHT EVO。

こちらはツールでも活躍したアルケアのチームカラーデザインのバイクです。



一目惚れするようなレッドです。



アルケアのブラックバージョンもあります。こちらのデザインもツールで走ってましたよね。



BHの毎度パワーアップして行くバイクを見るのが楽しみです。


そしてイタリアンバイクの大御所でもあるSARTOとPASSONI。

こちらは見ても見ても飽きない魅力が刺激的です。



SARTOのイタリアの職人による丁寧過ぎるカーボン仕上げ。

塗装技術も一級品です。



オリジナルデザインもオーダー可能な最強のイタリアンバイクです。




PASSONI。こちらもイタリアの職人達が何日も何時間も磨き上げ芸術的な仕上がりを見せてくれる最強のチタンバイク。



いつかは乗りたいバイクの一つです。


このイタリアの職人達の思いが入りきってる最高のビッグブランドであるSARTOとPASSONI知りたい方は、ここでは書ききれない魅力が沢山詰まっていますので、ご相談お待ちしてます。


WISHBONE。限定カラーのレッドバージョン。当店のお店でも気になってつけてくれたお客様達からは、その違いを感じる声を沢山いただいてます。



ちなみにBHのバイクはWISHBONEのBBが標準装備で入荷します。


そしてお店にも限定カラーのWISHBONEを装備した展示品バイク準備中なので、ペダリング時の、そのなめらかさに是非触れてみて下さい。



一瞬ではわからなかったとしかても力を使った走りをした時やロングライドなどでの脚への負担が変わります。


最後はこちらもイタリアンブランドのKRUさん、自分もハンドル周りはKRUさんを使用させていただいてます。



剛性も軽量技術もデザインしっかりしてます。


そして近々、カーボンステムが入荷予定です。驚きの軽さでビックリしました。



今後が凄い化けるであろうと言われてる期待のブランドです。


今回はざっくばらんに紹介させていただきましたが、今後はもっと1つ1つ詳しく紹介出来たらと計画してますので、よろしくお願いします。


コメント